服装が気になる人も安心

イタリアンレストランやフレンチレストランに入店して食事を楽しむとなると、服装が気になるという方も多いのではないでしょうか。ディナーであればきちんとドレスを着て入店しないと店内の雰囲気に合わなそうですし、事実、マナーとしてドレスコードと呼ばれるものもありますので、入店に気が引けてしまう人もいるかもしれません。しかしながら、こちらについてもそれほど問題はありません。

といいますのも、ドレスコードとはシーンに相応しい服装の基準を意味しているからです。日本でも冠婚葬祭、それぞれのシーンに合わせて様々な衣服を着こなさなければなりませんが、このような風習、マナーはイタリアンレストランの中にもあり、場合によってはドレスを着ていくのが相応しいとされることもあります。

ドレスコードの傾向としては、ディナーの場合には少し華やいだドレスなどの衣服が一般的ですが、ランチの場合には控えめな服装が基準となることが多く、つまりリーズナブルなランチを楽しむだけならば、それほど服装に気を付けることもないのです。お手頃なランチを楽しむのに必要な服装は、ジャージなどの部屋着ではなくカジュアルな格好でも大丈夫ですので、気軽に入店して構わないのです。